MADE IN OCCUPIED JAPAN

"MADE IN OCCUPIED JAPAN"は沖縄生まれのラゲッジブランドです。

ブランド名の"MADE IN OCCUPIED JAPAN"とは、占領下の日本製という意味で、太平洋戦争後、1947年からサンフランシスコ講和条約が発効された1952年まで、日本からに輸出品に表記を義務付けられていた言葉から由来します。
使われている素材などは、米軍放出品のテントや装備品などで、これらの素材を日常生活に溶け込むデザインや機能性に落とし込み、様々な物を生み出していくブランドとなります。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

6