RED WING ROMEO(ロメオ) ORO-RUSSET [RW8145]

RED WING ROMEO(ロメオ) ORO-RUSSET [RW8145]

販売価格: 34,200円(税別)

サイズ::
数量:
ロメオは、両サイドにゴアを配し、紐を使わずに足にフィットさせる、スリップオンタイプのオックスフォード。
足通しも良く、脱ぎ履きのし易さと軽さが、最も特徴的な靴です。
履き心地の良さと使い勝手の良さに秀でたブーツで、これからの季節に、様々なスタイルでコーディネート頂けるアイテムとなります。

※完売しているサイズもお取り寄せ可能となります。
ご不明な点などはお気軽にお問合せ下さい。


ロメオがレッドウイング社のカタログに登場したのは1934年。
キップレザーを使い、ステッチダウン製法で作られた#190モデル。
数年後、グッドイヤー製法に変更し、ブラックのバージョンが追加されます。
レザーソールにラバーのヒールを組み合わせた「サービスオックスフォード」に分類されます。
このロメオがロングセラーとなり、1951年にはエルクレザーを使用した物が登場。
1950年代中期には、レッドウイング社がクッションクレープソール(現在のトラクションソール)を初めて男性用の靴に導入し、大きな反響を呼びます。
このソールは、ロメオにも使用され、ブラウンのヒール一体型ソールを使った物と同時にクッションクレープソールのロメオが販売。
1960年代に一度、ラインナップから姿を消し、代わりにサイドゴアブーツが登場!!
1980年代にセメント製法で再度ロメオが登場し。
ブラウンのフルグレインレザー、17番ラスト、ウェッジ型のクッションソール、ヒールに付くプルタブなど、今日に続くデザインをそのまま持ったアイテムとなります。
1998年にグッドイヤーウエルトで製法で、日本市場向けに参入。
オロラセット・ポーテージ、ブラック・クローム、チョコレート・クローム、ホーソーン・アビレーン・ラフアウトの4色のレザーと
トラクショントレッドソールを使ったものが登場しましたが、数年後、惜しまれつつも終売となります。